スーパーワンコ・チップと双子のギャングたち(たまに映画も)

愛犬チップと双子ギャングの成長記録と映画を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬神家の一族

chip.jpg


今日は妻キキが風邪で寝込んでしまったため、チップも一緒に
家でお留守番です。
チップがいない仕事場もなんだかさびしいもんです。
寝坊すけチップのことですから、妻と一緒に爆睡しているんだと思います。


inugami.jpg


1976年に公開された映画『犬神家の一族』。
実は僕は大の“犬神家フリーク”で、この映画も、もう100回
くらい見ているかも知れません。
セリフ、すんなり出てくるもんな~(あまり自慢にはなりませんが・・・)
公開当時、映画館前に長蛇の列ができていたとき、僕はまだ小学校3年くらいでしたから、当然劇場へ観にいくことはありませんでしたが、何かの映画観にいったときに犬神家の予告編がありましてね。
不気味な佐清のマスク、菊人形の佐武の首、湖の逆さ死体・・・
めちゃくちゃ怖かったです。 けっこうトラウマになってました。

『犬神家の一族』は角川書店が映画製作をはじめた最初の作品で、
この後、金田一シリーズは『悪魔の手毬唄』『獄門島』へと続き、
他には薬師丸ひろ子、原田知世のシリーズへと続いていき、日本映画界の一時代を築いたんですね。

その『犬神家の一族』が市川監督によりリメイクされ、今日公開となります。 とても楽しみです。 胃が痛くなるくらい楽しみです。

sukekiyo.jpg

テーマ:犬神家の一族 - ジャンル:映画

硫黄島からの手紙

C2.jpg


今日、夕方から東京は雨でした。
チップは毎日僕らの仕事場に一緒に来るのですが、
帰りにちょっと寄った店先でつないで待たせていたところ、
我慢していたのか、おしっことうんちまみれになっていました(汗)
車に乗せる前にトイレさせてあげればよかったね、ごめんねチップ。
そんなわけで今日は一週間ぶりのお風呂です。



M1.jpg


先週の土曜日、『硫黄島からの手紙』を観てきました。
その何週間か前に『父親たちの星条旗』も観たのですが、
どちらかと言うと、こちらのほうが観たかった作品です。
太平洋戦争となると、大方アメリカ=正義、日本=悪者と
いうスタイルで描かれていましたが、本作品は本当に日本から
見た日米戦争というスタイルで、それをハリウッド映画として
製作されたことが驚きでした。
戦争とは辛く切なく、狂気である感じが見事に表現されていて、
なんだか胸が痛くなりました。 
クリント・イーストウッド監督に敬意を表したいです。
『パールハーバー』というおバカな映画を作ってしまった、
マイ○ル・○イ監督はこれを見てどう思ったでしょうか?
二宮和也良かった! やっぱりヤツはただのアイドルではないぞ!
もしかしたらオスカーも夢ではない・・・ そう思わせる名演技でした!

『硫黄島からの手紙』12/9 ユナイテッドシネマとしまえんにて

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。