スーパーワンコ・チップと双子のギャングたち(たまに映画も)

愛犬チップと双子ギャングの成長記録と映画を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チップとの出会いは奇跡の引き寄せだったのか 続き

2010年2月7日にUPした記事
『チップとの出会いは奇跡の引き寄せだったのか』
の続きです。

たしかに前の記事で最後に
「この話、今後も続きます」と書きました。
その答えが少しずつ判ってきたので続きをUPすることにしたんです。

チップとの出会いは偶然に偶然が重なりそのまた上に偶然が重なってまた偶然が重なってまた・・・
というようなまるで偶然のミルフィーユとか笑点の座布団みたいな感じで
これって本当に偶然なの? と思えるような運命の出会いでした。

そこで気になりだした言葉が
『思考は現実化する』
『この世に偶然はない』
『潜在意識』 などという言葉。

なに、これ? ってな感じなのですが、その謎が段々と解かれてきたのです。

ある方がその答えを教えてくれました。
(ある方が誰なのかはいずれご紹介したいと思います)

チップとの出会いは僕とキキが引き寄せたものだと教えてくれました。
僕だけが引き寄せたのではなく、キキも一緒に引き寄せたので多くの力が働いたのだそうです。
(“引き寄せ”のことはまた改めて詳しく書きますね)

でもね、それだけではないんです。

チップも僕とキキを引き寄せたんです。

チップの魂は僕とキキの家族になろうと決めてこの世に【犬】というスタイルを
選択して生まれてきたのだそうです。
僕たちの家族になるためにボーダーテリアという犬種になることを選択して
生まれてきたのだそうです。
確かに他の犬種だったら僕たちの家族になることはなかったかも知れません。

ここでひとつの疑問が生まれます。
ボーダーテリアなんて珍しい犬なんだから探している人もたくさんいるわけで、
逆にうちの家族になりずらかったのではないか?

その答えはこうです。

チップはある量販店スタイルのショップにいました。
そこに来るお客さんたちが求めてくるのはどんな犬なのかということ。
ボーダーテリアなどという犬に興味を持たない人たちが集まるお店でした。

実はチップに興味を持って、家族として迎えようかと考えた人たちが何組かいたのだそうです。
でも、チップがその人たちの家族になることを拒否してきたのだそうです。
とにかくワンワン吠えまくったり落ち着きがなかったり噛もうとしてみたり。
お店の人にも『この犬は飼うのがちょっと大変です』なんて説明させたりしたそうです。

チップはショップにいる間、ただ単に家族を求めていたわけではないのです。
僕とキキが迎えにくるのをひたすら待っていたんです。
puppy Chip


そんなことをある方が教えてくれました。
僕とキキの子供たちと一緒なんだと教えてくれました。

僕たちとチップだけではなく、愛犬との出会いはみんな同じなのだと思います。
ショップで出会った人、ブリーダーさんのところで出会った人。
みんな同じなんじゃないのかな、これって・・てな感じです。
『ここんちの家族になろう』と決めて生まれてくるのだと思います。
そしてそのワンちゃんに出会ったときに飼い主になる人はそれを無意識に感じ取る
のではないですかね?

子供は両親を選んで生まれて来るのだそうです。
犬も飼い主を選んで生まれて来てるんじゃないですかね?

飼い主のみなさん!
選ばれたんですよ!
『この犬飼おう』と一方的に選んだのではないんですね、これ。
718207-r2.jpg
『エラバレタ~♪』わけですよ。

そう考えると
より一層、愛犬が愛おしくなりませんか?

この話、もう少し続きます。



スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。