スーパーワンコ・チップと双子のギャングたち(たまに映画も)

愛犬チップと双子ギャングの成長記録と映画を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星になったロビンとリュウ

僕とキキが住んでいるマンションの大家さんが飼っていた2匹の犬。

名前はロビンとリュウ。
以前、このブログでも紹介しました。 (『不死身犬伝説 ~復活のロビン~』)

robin3.jpg
ロビン: 雑種♂ 21歳。

21歳という高齢で、胃捻転という生きるか、死ぬかの病気も克服しました。
番犬としては、とても優秀で、これまで病院送りにした不審者は数知れないとか。。。
ロビンは先輩・後輩の上下関係に厳しく、
自分よりも身体の大きなリュウより常に優位に立ち、
新人のチップにも犬社会の厳しさを教えてくれたような感じでした。
ちょっとした洗礼があり、それ以来チップもロビンには
大きな態度はとらないようになりました。

とても賢い犬で、知らない人には牙をむきますが、
いざここの住人だと認識すると
とても優しく接してくれる犬でした。
僕とキキがこのマンションに引っ越してきたとき、最初は名前がわからず、適当に
『クロ』などと呼んでおりましたが、いつも『う~っ!』と威嚇してきます。
大家さんから『ロビン』という名前を教えてもらい、『ロビ~ン』と呼ぶと一転して
優しく接してくれる。。。 そんな賢い犬です。

そのロビンが今年の8月にこの世を去りました。
21歳という高齢。
最後は大往生だったそうです。
病気も乗り越え、最後まで番犬という職務を果たしたロビン。
お疲れ様。
ゆっくり休んでください。

ryu3.jpg
リュウ: ゴールデンレトリバー ♂ 15歳

リュウはとても優しい犬です。
自分の位置は常にロビンより下という上下関係をしっかりと認識しています。
昔、ロビンとリュウがケンカをしたそうです。
ロビンが勝者になりました。
ロビンとリュウの上下関係はその時に決まったそうです。
エサを食べるのも水を飲むのも人に遊んでもらうのも、
ロビンが先でリュウはその後です。
リュウもロビンと一緒に番犬をしておりましたが、性格が優しすぎてあまり番犬には
むかなかったようです。
チップにも優しく接してくれ、遊んでくれたりもしました。

ロビンが死んで一ヵ月後。。。
後を追う様にリュウも死んでしまいました。
獣医さんの話では、高齢ではあるけど弱っているところもなく健康なので、
あと2~3年は元気でいるだろうとのことでしたが。。。

リュウはロビンが死んでからエサをまったく食べなくなりました。
水も飲まなくなりました。
本当にロビンの後を追ってしまったようです。

いつもいつも、いじめられてるのかと思うほどロビンに厳しくされていたリュウちゃん。
それでもロビンのことを大事な相方だと思っていたのでしょう。
ロビンがいなくなって、とてもさびしかったのでしょう。

猛者であるロビンが甘えてきたりすると、本当にかわいかった。
リュウちゃんは本当に心のやさしい癒し系のワンちゃんでした。

あの世でもロビンとリュウの上下関係は変わらないのでしょう。

仲良くやってるのかな。。。






スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。