スーパーワンコ・チップと双子のギャングたち(たまに映画も)

愛犬チップと双子ギャングの成長記録と映画を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星になったロビンとリュウ

僕とキキが住んでいるマンションの大家さんが飼っていた2匹の犬。

名前はロビンとリュウ。
以前、このブログでも紹介しました。 (『不死身犬伝説 ~復活のロビン~』)

robin3.jpg
ロビン: 雑種♂ 21歳。

21歳という高齢で、胃捻転という生きるか、死ぬかの病気も克服しました。
番犬としては、とても優秀で、これまで病院送りにした不審者は数知れないとか。。。
ロビンは先輩・後輩の上下関係に厳しく、
自分よりも身体の大きなリュウより常に優位に立ち、
新人のチップにも犬社会の厳しさを教えてくれたような感じでした。
ちょっとした洗礼があり、それ以来チップもロビンには
大きな態度はとらないようになりました。

とても賢い犬で、知らない人には牙をむきますが、
いざここの住人だと認識すると
とても優しく接してくれる犬でした。
僕とキキがこのマンションに引っ越してきたとき、最初は名前がわからず、適当に
『クロ』などと呼んでおりましたが、いつも『う~っ!』と威嚇してきます。
大家さんから『ロビン』という名前を教えてもらい、『ロビ~ン』と呼ぶと一転して
優しく接してくれる。。。 そんな賢い犬です。

そのロビンが今年の8月にこの世を去りました。
21歳という高齢。
最後は大往生だったそうです。
病気も乗り越え、最後まで番犬という職務を果たしたロビン。
お疲れ様。
ゆっくり休んでください。

ryu3.jpg
リュウ: ゴールデンレトリバー ♂ 15歳

リュウはとても優しい犬です。
自分の位置は常にロビンより下という上下関係をしっかりと認識しています。
昔、ロビンとリュウがケンカをしたそうです。
ロビンが勝者になりました。
ロビンとリュウの上下関係はその時に決まったそうです。
エサを食べるのも水を飲むのも人に遊んでもらうのも、
ロビンが先でリュウはその後です。
リュウもロビンと一緒に番犬をしておりましたが、性格が優しすぎてあまり番犬には
むかなかったようです。
チップにも優しく接してくれ、遊んでくれたりもしました。

ロビンが死んで一ヵ月後。。。
後を追う様にリュウも死んでしまいました。
獣医さんの話では、高齢ではあるけど弱っているところもなく健康なので、
あと2~3年は元気でいるだろうとのことでしたが。。。

リュウはロビンが死んでからエサをまったく食べなくなりました。
水も飲まなくなりました。
本当にロビンの後を追ってしまったようです。

いつもいつも、いじめられてるのかと思うほどロビンに厳しくされていたリュウちゃん。
それでもロビンのことを大事な相方だと思っていたのでしょう。
ロビンがいなくなって、とてもさびしかったのでしょう。

猛者であるロビンが甘えてきたりすると、本当にかわいかった。
リュウちゃんは本当に心のやさしい癒し系のワンちゃんでした。

あの世でもロビンとリュウの上下関係は変わらないのでしょう。

仲良くやってるのかな。。。






スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

牛乳・ヨーグルト・チーズ ♪

cap_3aday.jpg


♪ 3-A-DAY  3-A-DAY  一日3回 牛乳 ヨーグルト チーズ ♪

スーパーマーケットでお買い物をしているとこんな歌を耳にすることはありませんか?

主に牛乳の売り場で聞こえてくるこの歌。。。

牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品を一日に3品もしくは3回摂りましょうという
啓蒙の歌です。
社団法人 日本酪農乳業協会が製作した歌で、アンパンマンの
やなせたかし先生のアニメがとてもかわいいんです。
♪さかな さかな さかな~ 第二のお魚天国になるかも知れません。
ここで見れます!

乳製品はカルシウムが豊富だから骨密度を高めましょうとか。。。
ビタミンB2はお肌を守りますとか。。。
生活習慣病を防ぎますとか。。。

牛乳飲みましょう! ヨーグルト食べましょう! チーズを食べましょう!

のんちゃんはこの歌が大好きなんです。

ちょっとぐずった時など、『♪牛乳・ヨーグルト・チーズ チェック!』と歌ってあげると
少しは機嫌が良くなります。 牛乳好きの子供になりそうです。
ちなみにひなは ♪ポ~ニョ、ポ~ニョ、ポニョ が大好き。

今、原材料不足で店頭からバターが消えてしまってますね。
もうすぐチーズも入手困難になります。

実は僕、こうなることを何年も前から予言しておりました。

日本人が牛乳を飲まなくなったからです。

元々、日本は酪農後進国ですから牛乳や乳製品になじみのない民族です。
一般庶民が『牛の乳』を飲むようになったり、チーズ・バター・ヨーグルトを食べるように
なったのは戦後、かなり経ってから。。。

それでも、健康のためにと日本人は牛乳を飲み続けました。

ほとんどのご家庭には毎朝、玄関に瓶入り牛乳が配達され、
会社へ向かうお父さんは駅の牛乳スタンドで腰に手をあて牛乳を飲み、
銭湯では風呂上りの牛乳を楽しみ、
学校へ行った子供たちは給食の時に笑わされて噴出しそうになりながらも牛乳を飲み、
帰ってきたらおやつはクッキーか、ドーナツに牛乳というのが定番でした。

しかし。。。 そんなのは昭和の話。。。

平成の今では、
宅配の牛乳は激減し、
サラリーマンが飲んでいた牛乳はジョージアやBOSSなど缶コーヒーに変わり、
銭湯は激減し、
給食では牛乳を残す子供が増え、
おやつの飲み物はポカリスウェットなどのジュースに。。。

牛から搾り出す生乳は日本国内で生産されるものに限定されています。
日本人が牛乳を飲まなくなると酪農家は
牛乳を絞れば絞るほど損をしてしまいますから、
保有する牛の数を減らしてしまいます。
牛がいれば必ず乳は絞らなければなりません。
だから酪農家は保有する牛の数を減らしてきたのです。
原材料不足になったのはそのためです。

社団法人 中央酪農会議が『牛乳に相談だ』と名コピーを打ってCMを流して
おりますが、それでも日本人の牛乳放れの歯止めにはなってません。

『牛乳は本当はカラダによくないから子供に飲ませない』
こういう親御さんも多くいますが、それは間違った認識です。
飲ませすぎはよくないということであって、それは牛乳でなくても同じことです。

街中で子供に『牛乳好き?』とインタビューすると
『あまり好きじゃない』とか『嫌い』と答える子供が増えています。
その理由は『牛乳よりもおいしい飲み物があるから』というのが一番多いのですが、
『美味しくないから』という理由も多いんです。

美味しくないから。。。

そのお子さん、スーパーの特売の紙パックの牛乳しか飲んだことないんじゃないでしょうか。

お母さ~ん! たまには奮発して低温殺菌の牛乳やノンホモの牛乳をお子さんに
飲ませてみたらどうでしょう。

牛乳っておいしんですよ。
ad-000101-img-1.jpg







テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児

初めての家族旅行なのだ!

かなり長い間ブログの更新をサボっておりました。
我家の双子もかなりアクティブに動きまわるようになりましてね。
家でパソコン触るのもままならない状態でございます。

さてさて。。。

我家ではこの夏、初めての家族旅行を実施しました。

『チップをどこか遊びに連れて行ってあげよう!』
これがこの旅行の目的です。

泊まるのも、食事をするのも、お買い物も。。。
常にチップがみんなと一緒にいられるようにしました。

行き先は。。。

『東京の暑さから逃げ出そう』ってことで
北軽井沢(群馬県吾妻郡嬬恋村)に決定しました!

一泊旅行とは言っても、二人の乳飲み子と犬を連れて行くとなると準備も大変です。
着替えやらオムツやら赤ちゃん用のお風呂グッズ、ミルクに哺乳ビン、離乳食、
チップの寝床に、念のためのマナーベルトなどなど。。。
身重の身でありながら一人で準備をしたキキは立派です。

8月9日 AM5:00 さぁ、出発!
CIMG2796.jpg
のんちゃんは車に乗り込むと同時に熟睡モード。
まぁ、いつものことです。

CIMG2797.jpg
あら? こちらも。。。 (ひな)

環八と国道254を通って川越へ。。。 そこから関越自動車道に入ります。
(高速代をケチっております)

高速代をケチった僕は
『藤岡で高速を降りよう』 実は一般道を走るほうが楽しいのですよ。

高崎市内を走っていると、なにやら見えてきました、でっかい観音様。
CIMG2790.jpg
『近くに行ってみた~い♪』というキキのリクエストにお応えしてちょっとだけ寄り道。
ほ~ら、下道使ってるとこんないい事もあるんだよ。
朝早くだったので、誰もいません。
この観音様(高崎観音)は中に入ることができるのですが、時間が早すぎて
入れませんでした。

よ~し、このまま下道で軽井沢まで行くぞ!
途中、横川にある『ドライブイン・おぎのや』で名物の釜飯を買って、
碓氷峠を越えて軽井沢へ。。。

CIMG2792.jpg
旧軽銀座はとにかく人でい~っぱい。 そんでもって暑い!
なんだこれじゃ都会にいるのと変わらんぞ。
ゆっくりとジャムでも買おうかと思っておりましたが、退散しました。
これじゃ双子用のベビーカーもなかなか通れません。

CIMG2793.jpg
スリードッグベーカリーの軽井沢店でチップのおやつを買い。。。
CIMG2794.jpg
鬼押し出しの前を通って北軽井沢へ。。。

今回宿泊したのは、ペンション・La Verdura
60_1166437716.jpg
道に迷って迷って、ようやく到着しました。
ワンコの宿泊ももちろん可能なこのペンションは周囲360°が畑(高原キャベツなど)
の中に一軒だけぽつんと建ってるペンションです。
そりゃ、見つけられんわ。。。
60_1166439494.jpg
玄関を入ってすぐのダイニングは木のぬくもりを感じることのできる空間です。
ここのオーナーが自ら建てたそうですよ。
建物の裏側はこじんまりとしたドッグランになっています。
kokoa.jpg
看板犬のココアちゃん。
ワンコ大好きなんですって。
残念ながらこの日はお客さんも多いとのことでケージに入ってました。
かわいかったですよ。

実際は双子の乳飲み子と犬を抱えておりますと、
こんなふうにゆっくりと館内を見ることもなく
すぐさま部屋に案内され、大量の荷物を運び込みます。
双子の赤ちゃんがいることに配慮してくれたのか、一階の部屋でした。

CIMG2804.jpg
チ : 『オレの出番が遅せぇんだよ。 なかなかいい部屋じゃねえか』
他のお客さんの迷惑になるからね。 いい子にしてるんだぞ。
CIMG2808.jpg
ひなもハイテンションです。
たぶん、う~とか、あ~とか言ってるのでしょう。

CIMG2810.jpg
そうだ、今日は車運転して帰らなくていいんだ♪
夕食のときに地元の地ビールをいただきました。
すっきりとした美味しいビールでしたよ。
ラベルはこのペンションのオリジナルです。

今回の旅行で一番心配していたのが、ワンちゃんたちがたくさんいる中で
チップがおとなしくできるかということでしたが、見事におとなしくしててくれました。
実は何日も前から大人しくする練習をしていたのですよ。
チ : 『やるときはやるんだよ、オレは』

それに反して。。。
CIMG2814.jpg
こやつ(ひな)が騒がしくて困ったとですよ。

本当は夕食のメニューなども写真に撮ってUPしたかったのですが、
双子を抱えての食事でそんな余裕もなかったとです。

二日目の朝。。。

チップと一緒にペンションの裏にあるドッグランへ。
ワンちゃん、たくさん泊まってたのに誰もいません。
しかし、それでもはしゃぎまわるのがチップなのです。

CIMG2828.jpg
チ : 『ボール、ボールぅ♪ ひゃっほ~』
あとで、もっといい所に連れてってやるからな。

CIMG2842.jpg
一緒に宿泊していたイタグレのワンちゃん。
チップのことが好きだったみたいです。
飼い主さん曰く、あまり取っ組み合いの遊びをしてくれるワンちゃんがいなくて
寂しいんだそうですよ。
チップがいい遊び相手だったみたいです。

CIMG2866.jpg
チ : 『静かにしていい子だっただろ、オレ』
練習の成果が発揮できたね、チップ。

さてさて。。。

軽井沢を後にして一行は赤城高原へ。

CIMG2876.jpg
『赤城高原牧場クローネンベルク・ドイツ村』へ
ここは、ワンちゃんも入場可能なところです。
CIMG2880.jpg
だからもちろんチップも一緒です。

CIMG2882.jpg
チ : 『馬ってでけえだろ、すげえだろ馬って』
あのぉ、ロバなんですけど。。。
のん・ひなは興味ナシです。

CIMG2891.jpg
お約束の写真。
裏で二人を抱えている僕は必死です。
カメラを構えてるキキに『早く~、早く撮って!』

CIMG2893.jpg
そしてもう一枚。
私、涼しい顔しておりますが、実はけっこう必死です。

そこから同じエリアにある『世界の名犬牧場』のドッグランへ。
CIMG2911.jpg
やっぱりチップはドッグランが一番楽しいんだね。




チップ元気です。
一緒に走る僕も必死です。

さて。。。 来年はどこへ行こうかね。
もう一人増えてるんだな。
チップが一人、おぶってくれると助かるんだけどな。


最近、ショッピングモールなんかで、ワンちゃんが一緒の場合はペット用ケージか、
カートに入れてください。。。 なんて所が多くないですか?

・・・ てなわけで

購入しましたよ、うちも。
チップ用のカートを!
CIMG2981.jpg
チ : 『これはオレ専用だからな。お前ら乗るんじゃねえぞ』
乗らねえよ。






































テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。