スーパーワンコ・チップと双子のギャングたち(たまに映画も)

愛犬チップと双子ギャングの成長記録と映画を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひなたの帰還 ~ Return Of The Prince ~

12月25日のクリスマス。
我家にとってとても嬉しいクリスマスプレゼントがありました。

キキの退院から遅れること一週間。
兄・のんちゃんの退院から遅れること5日。。。

弟・日葵(ひなた)が退院して我家にやってきました。
ひなたが退院するためには体重が2000gになってなければなりません。

前日の体重が1970g。。。 一日に30gずつ増えているということなので、
『もしかしたら明日。。。』と思っておりました。
すると当日の朝の体重が2030gとのこと。
体重が軽いということだけがひなたの退院を延ばしていたので、
何の問題もなく退院許可が下りました。

hinata Returns (59)
『みなさん、こんにちは。 ひなたです。』
え~、ひなはこんな顔しておりますが、欧米人の子ではありませんよ~。
僕もキキも純粋な大和民族で、100%ベタベタな日本人です。
病院の新生児室にいるときから『ハーフですか?』なんてよく聞かれてました。

hinata Returns (51)
念願だった2ショット写真。
(右:兄のんちゃん 左:弟ひな)
やっぱり双子だもん、並べてみたいよね。
のんちゃんが泣き止んだと思ったらひなが泣き出し、ひなが泣き止んだと思ったら、
のんちゃんが泣き出すという、いかにも双子のいる家っぽいシーンもありました。

hinata Returns (38)
チップはちょっと???な感じです。
チ : 『ん? なんだよ、のんちゃんが二人いるじゃねえか!増えたのか?』
昨日くらいから、チップはのんちゃんが
我家の新しい家族であることを把握し始めています。
そして、のんちゃんは自分が守るべき存在であることも理解し始めています。
チップ~、ひな君だよ。 早く覚えるんだよ。

hinata Returns (39)
チ : 『まぁ、どっちもオレの弟ってことだろ?まとめてめんどう見てやるよ』
がんばれ~! 期待してるよ~。

hinata Returns (62)
チ : 『とりあえず、一緒に寝てやるよ zzz』
(右:兄・のんちゃん 中:弟・ひな 左:ボス・チップ)

なんかいいなぁ、このシチュエーション。
この3兄弟のこれからが楽しみです。









スポンサーサイト

テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児

嵐の前の静けさってやつか

みなさん、こんにちは。
チップです。

最近、みんなどうしちゃったのかな?
ママはどっか行っちゃって帰ってこないし、
うちにいるといつもより電話かかってくるし。

今までなかったものがうちにいっぱいあるしさ。
どうしちゃったの?
何があったの?
なんでみんなそわそわしてんの?
なんでママ帰ってこないの?

チップはまだ知らない。。。
これから二人のギャングが我家にやってくることを。。。
我家が戦場になることを。。。
今はまだ平和だ。。。

CIMG8789.jpg
『隣の犬が吠えててうるさいけど、オレは寝るよ』

そうそう、今のうちにたっぷりと眠るがよい。

いずれは君にも“お兄ちゃん犬”もしくは“子守犬”として活躍してもらわねばならないからね。






テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

赤ちゃん、元気です!

12月13日に生まれた双子の男の子。
二人ともびっくりするくらい元気ですよ。

特に小さく生まれた弟のほう。

保育器に入ってはいますが、その中で手足をバタバタさせています。

当初、新生児室の小児科の先生や看護士さんの話では、
恐らく小さくて吸う力がないから、栄養は点滴で与えますとのことでしたが、
それが、なんのなんの!

試しに授乳してみたら、キキのおっぱいを吸うわ吸うわ!
ぐいぐいぐいぐい力強くおっぱいを吸っています。

うまくすれば、キキやお兄ちゃんと一緒に退院できるかも知れません。

今日も新生児室のガラス越しに赤ちゃんを見てました。

なんだか、うちに連れて帰りたくなりました。

明日は15:15から『お父さんと赤ちゃんのふれあいタイム』があります。

抱っこしたら病院に置いてくるのが嫌になっちゃうだろうな。

月曜日には出生届を提出する予定です。

やべっ! 早いとこ名前を決めてしまわなければ。。。
もうひとつの大仕事があったのでした。

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

生まれました~!

本日(12月13日)、キキが無事に元気な双子の男の子を出産しました。
これまで、応援してくださいました皆様、いろいろとお気遣いをいただきました皆様、
本当にどうもありがとうございました。
gerayagta.jpg

僕が早朝5時に病院に到着した時、
キキは1回目の陣痛促進剤の投薬が済んでいました。
既に数分おきに陣痛が起こっていましたが、
まだまだ余裕の表情を浮かべていました。

6時に2回目の陣痛促進剤を投薬。

そして8時に最後の陣痛促進剤と点滴。。。

既に前日から陣痛が起こり始めていたこともあり、午前10時には陣痛はピークを
むかえていました。

人工的に破水もさせているので、最初の赤ちゃんはかなり降りてきています。

ところが、子宮口が7cmからまったく広がりません。

陣痛ばかりが強くなりながら子宮口はそのまま。。。

キキは七転八倒、のた打ち回るような痛みと戦っていました。

陣痛が強くなりすぎて、キキは失神寸前です。
このままでは母体にいい影響がないとのことで、
急遽、麻酔を使った“無痛分娩”に切り替えました。

麻酔を打たれたキキはそれまでの地獄のような痛みから解放され、
心身共にリラックスしていました。
すると、それまでなかなか開かなかった子宮口が全開大になっていました。

分娩室へ運ばれるキキを無言で見送った僕は、自分の身支度を始めました。

分娩室からお呼びがかかりました。

分娩台に乗ったキキの枕元に立った僕は、一言
『サクサクっと産んじゃおうか!』と声をかけました。

一人目の赤ちゃんの頭が見えてきましたよ~。

キキは全身の力を振り絞って息みます。
14時34分。。。 一人目の赤ちゃんが誕生しました。
生まれた瞬間からオギャーと泣き出すとても元気な男の子です。
『元気だ!元気な子だぞ!』
感激して泣き出しそうだった。
でも、今感激しちゃダメだ。 もう一人いるんだ。

そして14時41分。。。 逆子だった二人目の赤ちゃんが誕生しました。
こちらも生まれた瞬間に産声を上げる元気な男の子。

『二人とも元気だぞ! 頑張ったな~。』
僕の顔はもうぐじゃぐじゃです。

最終的には無痛分娩という痛みの少ない出産になりましたが、
そこに踏み切るまでの約5時間、死ぬんじゃないかと思うような痛みと戦い、
我が子という最高のプレゼントをくれたキキに僕は感謝の気持ちでいっぱいです。

nanncemon.jpg
こっちがお兄ちゃんのほう。
体重は2,204グラム。 双子ちゃんで早めに出産したわりには大きいのかな。

jumenngo.jpg
そしてこちらが弟。
体重1,760グラム。 ちょっと小さいので少しの間、保育器に入ります。
でも、とっても元気ですよ~!
弟は今までキキのお腹の隅っこに追いやられて狭~い中にいたので、
生まれてからしばらくは、今こそとばかりに両手・両足をバタバタさせていました。



テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

キキが入院しました

本日(12月12日)、出産のためキキが入院しました。

病院に到着して案内された場所は一般の病室ではなく、分娩予備室。

子宮口をやわらかくする点滴を打ちながら、【ラミナリオ】なる棒状のものを
子宮口内に数本挿入します。
これが水分を含んで膨張することで子宮口をひろげるんだそうですが、
この処置がけっこう痛かったみたいです。

これで子宮が刺激されたことで、軽い陣痛が起き始めました。

妊婦用の眠薬をもらって、今は少し眠っているんだと思います。
僕はキキを病院に残して、一度帰宅しました。

結婚して以来、キキのいない我家に帰ってきたのは初めてです。
ちょっと寂しいな。。。

『おれに出来ることってなんだろう?』
わからないので、とりあえず一ヶ月近く伸ばしまくったヒゲを剃りました。

さて、明日はいよいよ出産です!

早朝5時から陣痛促進剤の投薬が始まります。

夕方までには出産させるとお医者さまはおっしゃってました。

明日は長い一日になりそうだな。


赤ちゃんは。。。 もちろん二人とも元気ですよ!

そうそう、今回キキ母にチップを預けました。

チップ、生まれて初めてのお泊りです。

大丈夫かな?

電話で聞いたらいい子にしているようです。

そうだよね、チップもお兄ちゃんになるんだもんな。




テーマ:妊娠・出産 - ジャンル:結婚・家庭生活

黒猫ちゃんからのお便り

うちで保護していた黒猫ちゃんの飼い主さんから
クリスマス用のお花とお便りが届きました。
同封されていたCDには黒猫ちゃんの写真が入っていました。

DSCF1789.jpg

ネコちゃんは、“にゃん吉くん”という名前をつけてもらい、
とても幸せにくらしているようです。

うちで保護していたときは、あんなに痩せ細っていたのに、
今ではすっかりおデブちゃんになったそうですよ。
相変わらず甘えん坊で、本当に旅ねこだったのかと思うほど、
素直でかわいいネコちゃんに育っているようです。

DSCF1978.jpg

送られてきた写真を拝見して涙が出ました。
ネコちゃんが幸せそうで、嬉しくて、嬉しくて、本当に嬉しくて。。。

良い方に引き取っていただいて本当に良かった。

にゃん吉くんの飼い主さんはいつもこのブログを読んでいただいて
いるそうなので、この場を借りてお礼を申し上げます。

ネコちゃんを大切にしていただいて本当にありがとうございます。
そして、素敵なお気遣いをいただきありがとうございました。

さてさて。。。

出産を間近に控えたキキは。。。

来るべき出産の恐怖と闘っております。
生まれてから今まで、入院や手術と無縁だったからね。




テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。