スーパーワンコ・チップと双子のギャングたち(たまに映画も)

愛犬チップと双子ギャングの成長記録と映画を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授かりました

みなさんにご報告したいことがあります。

2001年12月に僕とキキは結婚しました。
そして月日は流れ、僕たちもやっと赤ちゃんを授かることができました。

★ 4月24日 ★
妊娠検査薬で陽性反応が出ました。
丸い窓にくっきりと見える縦線がとても印象的でした。
妊娠検査薬の信頼性は高く、もちろん嬉しさと驚きがありましたが、
この時点では僕はまだ喜ぶことができませんでした。

★ 5月8日(6週0日) ★
病院へ。
妊娠が確認できました。
エコーに映ったのは米粒みたいに小さな赤ちゃん。
大きさは2mmくらい。
ひとつ。。 そしてふたつ。
授かったのは双子の赤ちゃんでした。
ようやく赤ちゃんができたことが実感できました。
思わず涙が出ました。
嬉しくて。そして、そこに新たな生命があることに感動したんです。
予定日は来年1月1日ですが、双子の場合少し早めの出産となります。

双子の場合、バニシングツインと言って、一人が流れてしまったり、
片方に吸収されてしまって、いなくなってしまうことが少なくありません。
せっかく授かった二つの生命ですが、『双子だ~』と喜べるのはまだ少し先のようでした。

★ 5月14日(6週6日) ★
病院へ。
二人とも無事に育ってくれているか不安でした。
『一人いなくなっていたら・・・』
そんな不安が頭をよぎります。
エコーに映った赤ちゃんは二人とも無事に育ってました。
米粒のように見えていた赤ちゃんは8mmほどまで大きくなっていました。
よく見ると二人とも心臓がぴくぴくと動いているのがわかりました。
僕もキキも少し安心しました。

★ 5月23日(8週1日) ★
いつも通っている病院は産科がないので、出産は別の病院になります。
午前中に出産を予定している病院へ下見に行きました。
ここの病院はうちからも近く通いやすい場所にあります。
一般病棟と産科病棟が分かれていてとてもきれいな病院でした。
産科、小児科とも評判が良く、双子の受け入れ態勢もバッチリです。

午後からはいつもの病院へ。
エコーに映った赤ちゃんは二人とも順調に育っていました。
大きさは16mmほどになっており、頭と身体が分かれていて、
人間らしい形になっていました。
心臓も元気に動いていて、双子だと喜んでいいようです。

僕たちが赤ちゃんを授かることができたのは。。。
CHIPCHIPCHIP!!!.jpg
チップのおかげかも知れません。
チップがいてくれたことで精神的に癒されたことが良かったのだと思います。

そういえば、チップを我家に迎え入れるかどうか思案していた時に、
『犬は子授け・安産の神様だっていうしさ、この子を救ってあげることで、うちに赤ちゃんができるかも知れないよ』
二人でそんな会話をしていました。
puppy.jpg
もしかしたらチップは僕たちにとって天使だったのかも知れません。(色は黒いけど)
チップはママのおなかの上に乗っかることも、大好きなペロペロも今はできません。
もう少しがまんしてね。

キキは今、苦しいつわりに耐えています。
それも、もう少しの辛抱なのかな。





スポンサーサイト

テーマ:妊娠・出産 - ジャンル:結婚・家庭生活

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。